- 機能(連携機能) -

連携とは

自らのコミュニティに干渉することなく、他のコミュニティ又はXユニットの管理者、会員と情報の共有・交換ができることを指します。
イメージとしては、コミュニティの外に新たなグループを作成することにあります。そのグループには、招待した他のコミュニティ又はXユニットの管理者及びそれぞれの管理者より登録された会員が参加することができます。そして、その閉鎖されたグループ内の参加者において情報の共有、交換を行うことを連携と称しています。

1.コミュニティ集約

提供先のコミュニティサイトに参加して情報の共有・交換をサポートします。

Xユニットを用います。
コミュニティサイトへ会員として登録し、それを管理ユニット(Xユニット)に集約します。
これにより、集約したコミュニティ全体の内容を管理ユニットで把握することが可能となり、また、管理ユニットからの書き込みがそれぞれにコミュニティサイト全体に反映させることができます。マンション、自治会・町内会等でサイトの活性化を目的として参加を許可された場合に利用します。

2.アライアンス

提携先のコミュニティに参加することなく、別に新たな情報共有・交換場所を作成し連携します。

管理ユニット(Xユニット)からアライアンスを作成し、コミュニティの管理者を招待します。これにより、アライアンスの参加者間での情報の共有、交換が可能となります。
各コミュニティの会員として参加できない場合に活用します。企業のグループウェアや学校、PTAの不審者情報配信でのご利用の場合。また、コミュニティ同士をアライアンスで結びつけることも可能となります。
さらに、マンション、自治会・町内会へ地元商店からの情報提供の場合にも利用できます。アライアンスは、いくつでも作成できますし、ひとつのアライアンスに何人でも参加できます。(アライアンスの参加、作成にはポイントが必要です。)


 

戻る